2018年2月7日水曜日

高校生カフェ開催!

久しぶりの更新となりましたが、今週末のイベントについてお知らせです。
 
2月10日(土)、ちくさええとこセンターにて【千種高校 街の駅】が開催されます。
 


 内容は、高校生カフェ・スマホ教室・千種高校の取り組みパネル展示・千高生手作り漬物試食会となっています。

 お近くの皆様、ぜひお立ち寄りください。

2017年11月24日金曜日

#玉ねぎ植えました!

 本日、千種高校2年の就業体験でちくさ女子地域力UPサークルとして玉ねぎの苗植えを行いました。この玉ねぎは来年度、千種高校生がええとこカフェなどの活動で使用するために植えました。
 地域の方に指導していただきながら、土に肥料を混ぜプランターに約100本の玉ねぎの苗を植えました。
 今回、改めて地域の方々の技術の素晴らしさを感じました。そして、私達が得た知識を後輩へと繋げられるようにしていきたいです。








                                      千種高校 2年 鳥居,尾畠,平田






 


 


2017年10月27日金曜日

西はりまふれあいフェスティバル

10月28日(土)・20日(日)の二日間、兵庫県上郡町の播磨科学公園都市にて、「西はりまふれあいフェスティバル」が開催されます。

 
兵庫県の告知サイト(https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk12/fureai29.html
 
この催しは、兵庫県政150周年記念プレイベントとして、また播磨科学公園都市まちびらき20周年記念として開催されるイベントで、ステージイベントや食や遊びのコーナーなど、さまざまなイベントが催されます。
 
今回、29日(日)のみの参加となりますが、千種まちづくり推進委員会と一緒に「つみれ鍋」のコーナーを担当します。
 
(画像は、他イベントでのつみれ鍋の様子です。)
 
さらに、兵庫県立千種高校の生徒さんも29日(日)にイベントに参加され、「千高生の漬物」(3種類)の販売もあります。

 
台風接近で天候の心配はありますが、皆様もぜひご来場ください。


2017年10月21日土曜日

千種高校生 漬物づくり

 10月20日(金)、千種高校生の漬物の製造・加工作業がちくさええとこセンターにて行われました。
 これらは、千種高校生と地元の方やちくさっ子を育てる会・千種まちづくり推進委員会が協力して、千種の食文化の継承と、千種高校生のオリジナル商品の開発を目的に作業しています。

 今回は、白菜の浅漬けと白菜ミックス浅漬けの2種類の製造と、前回漬けたたくあん漬けの真空パック詰め作業を行いました。


 浅漬けは、地元の白菜やかぶらの間引き菜を使い食べやすい大きさにカットして漬け込みました。


 たくあんは前回漬けたものを参加者全員で味見をしたあと、こちらも食べやすい大きさにカットし、


 1袋10枚になるように袋詰めし、彩りに一緒に漬けていた人参を入れて、


 業務用の真空パック器で、一袋一袋パックしていきました。


 完成したお漬物には、千高生のデザインしたパッケージを付けてできあがりです。

 千高生達は、衛生面にはとくに気を配り、一つ一つの工程を丁寧に作業していました。

 実は今回のお漬物、22日(日)のちくさふれあいフェスタ2017で試食と販売の予定でしたが、台風接近の影響でイベントが中止になりましたので、地域の方々や学校関係のみなさんに試食していただき、いろいろな意見を聞かせていただこうと思っています。

 なお、10月28日(土)・29日(日)に上郡町の播磨科学公園都市で行われる、「西はりまふれあいフェスティバル」の29日限定で、千種高校生のブースで試食・販売の予定です。

 また、11月3日(祝)に千種町内で行われる、園小中高合同文化祭でも試食していただく予定にしております。

 ぜひ千種高校生の味をおたのしみください。

2017年10月20日金曜日

ちくさふれあいフェスタ2017 中止のお知らせ

 たいへん残念なお知らせですが、台風の接近のため10月22日(日)に予定されていました、「ちくさふれあいフェスタ2017」は中止になりました。(担当事務局より連絡がありました。)
 文化展については、日程を変えての開催になるようです。
 

ちくさふれあいフェスタ2017②

 週末22日(日)に行われる、「ちくさふれあいフェスタ2017」での高校生イベントについてのご紹介です。
 千種高校生は、会場内のいろいろな場所で活動してくれますが、とくにご紹介したいのが、ちくさっ子を育てる会・千種まちづくり推進委員会と協力して行う、「ちくさええとこセンター」での活動です。
 
 町内のまちづくりの拠点である、「ちくさええとこセンター」は6月に、「千種高校街の駅」としても活用される覚書の調印式が行われ、高校生の活動の拠点にもなりました。(詳細は後日アップします)
 
 今回のフェスタでは、ええとこセンターで「スマホ教室」・「高校生カフェ」・「千高生漬物の試食・販売会」を実施します。
 
 「スマホ教室」においては、千種高校で行われている安心安全なSNS活用活動の一環として毎年行われています。
 
 「高校生カフェ」については、千種まちづくり推進委員会で就業体験をしている生徒さんを中心に、オリジナルパフェやワッフルの提供をしてくれます。
 
 さらに今回、千種高校生のオリジナル商品開発の一環として行っている「漬物づくり」から、「オリジナルたくあん」・「白菜の浅漬け」・「浅漬けミックス」の3商品の試食・販売が行われます。
 
 地元の食材や地域の方々の指導により、千種高校生がオリジナルのお漬物を作りました。
 10月9日に行われた中高合同体育祭でも、保護者や来賓の方々に試食をしていただきましたが、たいへん好評でした。
 
 ぜひこの機会に千種高校生の活動に触れてみてください。
 
 ※当日、台風接近のため悪天候が予想されます。
  高校生のイベントを含めた「ちくさふれあいフェスタ2017」の開催などに関する情報は、千種町内についてはオフトーク放送等あるかとは思いますが、このブログでも簡単ではありますが当日の朝、発信したいと思います。
 


2017年10月17日火曜日

2017.7.8千種高校 街の駅 高校生カフェ

 なかなか更新できなかった期間、いろいろな話題がありましたので、時間を見つけてはご紹介したいと思います。

 今回は7月8日(土)に行われた「千種高校 街の駅 高校生カフェ」について。

 すでに千種高校のブログにも紹介してありますので、こちらもご覧ください。
 (http://www.chikusa-hs.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=1023&comment_flag=1&block_id=104#_104

 このカフェは、千種まちづくり推進委員会に就業体験に来ている2年生(女子)3人が中心となって企画・買い出し・運営を行ったものです。

 当日のメニューは、定食メニューとワッフルセットでした。
 定食については、千種らしさを強調し、地元の方に教わった混ぜご飯(千種では炊き込みご飯のことを混ぜご飯と言います)・地場産業でもある揖保乃糸のそうめん・地元でとれたタマネギの丸ごとおひたし・地元産の旬の野菜のお漬け物・そしてデザートに杏仁豆腐でした。

 この千種高校生の「混ぜご飯」は地元では大人気で、違うイベントでも販売したことがあったのですが即完売!地元の方の「千種高校生の混ぜご飯が食べたい!!」のご要望を受けて、カフェでも容器に入れて販売したのですが、即完売!
 ほんとに大人気メニューです。

 またワッフルセットも、大人の方にも食べていただきましたが、様子を見に来た高校生曰く、「めちゃくちゃレベルが高い!」・「マジで美味しい!」と感心しきりでした。

 受け身でなく、自分たちから地域に発信しようとしている高校生に頼もしさを感じました。

 今後もいろいろな形で「街の駅」が開催されます。ご期待ください!